ラーメンはカロリーが高い!?スープを飲まなければカロリーをどれくらい抑えれるのか解説

現在のような姿のラーメンは約100年の
歴史があります。

1910年に東京浅草の『来々軒』から庶民の
口に入るようになり、
たちまち大人気となりました。

現在の日本には約24.000のラーメン店が存在して
『国民食』と言われるまでになりました。

更に、手軽に手早く食事がとれる
カップラーメンは、忙しい現代人の

食生活にマッチして食生活に浸透しています。
ですが、

ラーメンはおいしくて量を食べすぎてしまう
傾向があります。

ダイエット中の方はカロリーが
気になりますので、

ラーメンの選び方・食べ方でカロリーが
抑えられるのでしょうか?

今回はそんなラーメンのカロリーについて
解説したいと思います。

ラーメンの麺のカロリーは

一般的なラーメンの麺の原材料はシンプルで、
小麦粉、塩、水、かん水(ラーメンのコシや、ツヤ、
黄色味の特徴を出すことに使用)で出来ています。

ラーメン一人前のゆでる前の麺の標準量は、
並盛が120~150gになり、
大盛が160~200gになります。

ゆで上げ後の麺のカロリーは


並盛が350キロカロリー前後
大盛が450キロカロリー前後になります。


ほかの炭水化物と比べてみると、

軽めの茶碗1杯分のご飯は150gで
234キロカロリーですので、

ラーメンの麺のカロリーは少々高めと言えます。

ラーメンのスープのカロリーはどれくらいあるのでしょう?

ラーメンの味はあっさり醤油味から
こってりとんこつ味などと様々ありますが、

味によってスープのカロリーに差が
あるようです。

醤油、味噌、塩味の並盛量のスープは、
50~200キロカロリー位
です。

とんこつラーメンは意外に低く
100~250キロカロリーくらい
です。

ですが、背油たっぷりのラーメンは
スープだけでも600キロカロリー
を超えることも
あります。

背油は大さじ1杯108キロカロリー、
ラードは大さじ1杯113キロカロリー

ありますので、脂の多いラーメンスープは
カロリーがかなり高くなるようです。

醤油ラーメンなどの並盛の総カロリーは
400~500キロカロリー位ですが、

背油系のラーメンは1000キロカロリーオーバー
なることもあります。

ラーメンスープを残すことで、
醤油ラーメンなどは100キロカロリー以上
減らす
ことができます。

インスタントラーメンの麺とスープのカロリーは

インスタントラーメンは、
生麺より麺量が少ない場合が多く、

油で揚げてある麺とノンフライ麺とあります。
一袋入りの乾麺の量は100g前後が多く、

油で揚げてあるタイプのラーメンの
総カロリーは450キロカロリー~500キロカロリー位
で、

ノンフライ麺は350~400キロカロリー位です。
スープのみだと50キロカロリー位

マイナスになるようで、生めんタイプほど
大きく差はありません。

カップ麺の麺とスープのカロリーは

カップラーメンにも揚げ麺とノンフライ麺が
あります。

麺が揚げてあるタイプのカップ麺は
縦型タイプの乾麺の量は70g前後で、

総カロリーは300~400キロカロリー位です。
スープのカロリーは20~50キロカロリー位で、

麺量スープ量が少ないため更に差はなくなります。

ノンフライ麺タイプの縦型の乾麺の量も
同じく70g前後で、

総カロリーは250~350キロカロリー
多いようです。

スープのみだと50キロカロリー位がマイナスと
なります。

インスタントラーメン類は油で揚げてあるものは
カロリーが高めになりますので、

製法をチェックして購入することで
カロリーダウンができます。

スープを飲まないで麺の塩分量と脂質はどれくらいになるの?

日本の現代人の生活を考慮した
1日分の塩分摂取量は、

成人男性で8g未満、成人女性で7g未満、
成人の脂質の理想量は、

総エネルギーの20~25%で50g程度と
言われています。

縦長カップラーメンの塩分量は4~5gあり、
それだけで1日の半分の塩分量が入っています。

脂質は10~15g含まれていますので、
1日分の1/3程度は入っています。

ラーメンは麺を作る段階で塩を入れて
作りますので塩分をなくすことはできません。

塩分を控えたい場合はスープを残すことで
食塩半分、2~3gを減らすことができます。

脂質の大半は麺に含まれていますので、
麺の食べ過ぎを防ぐと脂質のカットができます。

生麺タイプはスープも麺量も更に多いですから、
たまのごちそうと思い、食べる回数を
少なくすることをおすすめします。

つるりと食べやすいラーメンは冷めると
のびるということもあり、

よく噛まず早食いになりやすいです。

ラーメンを単品だけ食べるのは炭水化物のみの
摂取になりがちで、血糖値の上昇が早く、

脂肪に替わりやすくなります。

ラーメンのカロリーを抑えたい場合は、
野菜が入っているものを選びましょう。

野菜全般に含まれるカリウムは、塩分の排出に
効果があります。

具を麺より先に食べるようにすると
糖質の吸収を抑制できます

スープを飲む量を減らしながら、食べる順番に
気を配れば摂取カロリーを抑えることが

できますので、我慢しすぎずおいしく楽しく
ラーメンを食べましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました