牛乳石鹸で洗顔する時の使い方や効果、口コミを解説!

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど
どこにでも目にする牛乳石鹸

青箱と赤箱の二種類あるけど、
二つの違いはあるのか?

あるならどう違うのか気になりますよね。

今回は、牛乳石鹸の青箱と赤箱の違いや
他のシリーズの石鹸を調査していきたいと思います。

それでは、早速違いを見ていきましょう!

牛乳石鹸で洗顔する場合、青箱・赤箱の違いや無添加シリーズの解説

青箱はさっぱりした洗い上りで、
ジャスミンの香りがします。

1個当たりの重さは85gで1949年(昭和24年)に
発売されました。

赤箱は、しっとりした洗い上りで、
ローズの香りがします。

1個当たりの重さは100gで若干赤箱の方
が大きくなります。
1923年に発売されました。

青箱と違い、赤箱にはしっとりとした
洗い上がりにするため、

スクラワンという成分が入っています。

スクラワンとは、哺乳理や植物に含まれる
スクワレンからできた人間の肌のもとになる
成分です。

このスクワレン、私たちの肌にもいますが、
30代から急激に減少します。

スクワレンが減少すると、肌に潤いが
なくなっていきます。

なので、潤いが足りないなと感じる方は赤箱の
牛乳石鹸を使うことをおススメします。

おまけの話ですが、牛乳石?が出来た当初
関西で赤箱を出していました。

全国展開するときに、洗い上りがさっぱりしている
青箱を作ったみたいです。

その青箱が関東で人気商品となり、
関西では赤箱が、関東では青箱が多く販売
されています。

また、赤箱、青箱以外に無添加シリーズの
石鹸もあります

無添加せっけんは、
・着色料
・香料
・防腐剤や品質安定剤
・アルコール等
を使わずに作っている石鹸です

さらに、皮膚アレルギーテストを行っており、
肌の弱い方でも安心して使えます

(全てのアレルギーに対応して
いるわけではないのでご注意ください。)

また、使用後は水気をしっかり切って、
水のかからない場所で保管しておくのがいいです。

牛乳石鹸で洗顔する場合の効果や口コミ

意外にも知られていないのが、
牛乳石鹸で洗顔が出来るということです。

実際、牛乳石鹸を洗顔で使用するとどのような
効果が表れるのでしょうか。

・乾燥肌で敏感肌だったが、赤箱はしっとりしていて、
肌に優しかった。

・泡が柔らかく、気持ちよく洗えた。つっぱらない。
・洗浄力がいい

多くの口コミに「つっぱらない」という
コメントが寄せられています。

固形石鹸は「つっぱる」というイメージが
ついていましたが、

牛乳石鹸は突っ張らないのでしょうか。

まず、牛乳石鹸の選び方ですが、

青箱と赤箱であれば、赤箱を選ぶことを
おススメします。

赤箱は弱アルカリ性で、牛乳から作られた
ミルク成分や、スクワランといううるおい成分

保湿成分が入っているので、
ツッパリ感が従来の固形石鹸より緩和されます。

牛乳石鹸で洗顔する場合、洗顔フォームや洗顔料は必要?

牛乳石鹸で洗顔するのであれば、
他の洗顔フォームをする必要はないです。

洗顔をするときは、肌の汚れや角質、
皮脂を落とすことが重要ですが、

洗いすぎるとかえって逆効果になってしまいます。

二回も洗顔をすると、汚れや角質、
皮脂だけでなく、必要な水分や油分まで一緒に
落としてしまう可能性が高いです。

水分不足になった肌は、
自己防衛のために皮脂を分泌させてしまいます。

牛乳石鹸で洗顔するとき以外も、
洗いすぎはお肌のトラブルのもとになりますので、

洗いすぎないようにしましょう。

すすぐ時のお湯も自分の体温より低い温度で
すすぎましょう。

温かいお湯で洗うと毛穴が開いてしまい、
そこから水分が一緒に流れてしまいます。

泡はもこもこの泡を作り、
優しく円を描くように洗います。

手が直接顔に触れないぐらいもこもこの泡を
作りましょう。

泡を作るのが苦手な方は、100均などで、
洗顔用のネットが売っていますので

それを使うと、もこもこの泡が簡単に
作ることができます。

また、洗顔をした後は、しっかり保湿を
しましょう。

牛乳石鹸にも保湿成分がありますが、
それだけでは足りません。

牛乳石?洗顔をした後は、肌がきれいに
なっているので、化粧水、乳液などが

浸み込みやすくなっています。

あなたの街にある牛乳石鹸置いてあるのは
どちらでしょうか。

また、牛乳石鹸で洗顔をして、
洗顔フォームとの違いを感じて見られてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました