服や皮、紙についたボールペンの汚れを落とす方法を徹底解説!

服や皮製品についたボールペンって中々取ることが
できないですよね。

普通に洗っても取れないし、皮製品には何を使っていいのかわからない。
そんなお悩みを解決いたします!!

服についたボールペンの汚れを落とす方法

服についたボールペンは中々洗濯をしても落ちないですよね。

その原因は、油性のボールペンは油分だけでなく、
染料や溶剤が入っており、服の繊維の間に入り込んで
しまうからです。

では、どのように落としていくのでしょうか。

用意するものは

・アルコールまたは除光液
(プロピレングリコール類が含まれているものに限る。)
・汚れてもいい布2枚
・ビニール袋

1 作業する台にビニール袋を敷きます。
2 汚れてもいい布を1枚敷きます。
3 汚れている部分を裏返しにして、布の上に置きます。
4 汚れの部分にアルコール(除光液)をかけ、
  もう一枚の布で「たたき」ます。

インクが下の布と上の布に溶かしだしていきます。

※「たたく」というところがポイントになります。

こすってしまうとさらに繊維に汚れが入り込んでしまうので
注意しましょう。

5 インクが出なくなるまで、4の作業を繰り返します。
6 インクが出なくなったら普通に洗濯をしましょう。

洗濯はなるべくすぐしましょう。
アルコールで拭いたところが跡になってしまい取れなく
なってしまうので気を付けてください。

ボールペンがついて時間が経つとその分汚れも頑固になっていきます。
出来れば、ボールペンが付いたらすぐにましょう。

皮製品についたボールペンの汚れを落とす方法

皮製品と一言でくくっても、合皮と本革では落とし方が異なります

合皮製品の場合ですと、
界面活性剤の入っている洗濯用洗剤が有効になります。

この場合、用意するもの

・洗濯用洗剤、
・水、
・乾いたタオル、
・湿らせたタオル

1、洗濯用洗剤と水で少し薄めます。
2、キッチンペーパーなどに1をしみこませます。
3、しばらく置いておきます。少し濡らしたタオルで
  ふき取っていきます。
  余り、長く置きすぎると皮がふやけてしまいますので
  気を付けましょう。
4、汚れが落ちるまで続けます。
5、乾いたタオルで水気がなくなるまで、拭き取ります。

本革製品の場合、用意するもの

・皮製品の専用クリーナー

本革の製品に関しては、慣れていない人がすると余計ひどくなる
ことがあります。

なので、一般的に売られている専用クリーナーを購入して落とした方
いいでしょう

紙に書いたボールペンの字を消す方法

最近では、「フリクション」などの消せるボールペンが
出てくるようになりましたが、

消せるボールペンを使ってはいけないときに、どのようにして消すのか
紹介していきます。

カッターナイフ
カッターナイフの先端で力加減に注意しながら、間違えてしまった字を
削り取ります。

ただ、カッターナイフでの文字の消し方は、全体を消すというよりかは、
一文字の間違えた個所を「削る」時に使った方がうまくいくかと思います。

例えば、「恵」という字に、間違えて上に「点」をつけてしまった場合などには、
カッターナイフできれいに削り取る方法を選ぶといいでしょう。

除光液(プロピレングリコール類が含まれているものに限る。)
服の汚れを落とすときと同じように、プロピレングリコール類が
入っているものを選びましょう。

キッチンペーパーや綿棒に除光液をしみこませ、「トントン」と
叩くようにすると、消えます。

そして、時間が経つと消えづらくなるので、間違えたら即消しましょう。

砂消しゴム
結構知られているけど、使う機会の少ない砂消しゴム。
消しゴムの中に砂が練りこめられていて、研磨剤の成分が含まれています

なぜ、使う機会が少ないのか…それは、砂消しゴムを使うと
紙ごと破いてしまうことが多かったからです。

ですが、最近の砂消しゴムは破ることが少なくなり、綺麗に消せるように
なってきています。

このように、一見落ちにくいだろうと思っていたボールペンの汚れですが、
意外と家にあるもので落とせます。

あきらめずに、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました